蓉子の部屋

昨日の川島蓉子

160225

朝、またまた寝坊してしまって4時起床。
本当に情けない! コクヨの黒田社長の原稿を終えて一段落した気持ちのゆるみが、こうなったのだと反省するものの、既に気持ちは原稿に向かえない状態。
メールチェックなどを済ませて、仕度に入る。
 
今日はミナ・ペルホネンのパッチワークのスカートに紫色のベスト。カラフル過ぎて変てこりんだけど、忙しい一日になりそうなので目くらまし作戦! つまり、装いで自分を元気づける感じです。
 
9時 伊藤忠商事の社長と面談。言い放った自分の意見の浅はかさ! 不躾な発言を許してくれている温かさは、どれだけ有難く自分を支えてくれているのか。サザエは反省しないとねでした。そして人生とは、毎日毎日が発見と勉強と研鑽だと。。。
 
11時半 参謀の柿さん、リーさんとランチしながら打ち合わせ。外部の方なのに、内部の人以上に、親身になって物事を考えてくれるお二人に心より感謝!
こういう方々のお蔭で、カラフルオバちゃんのサザエは生きていけるのです。ホント、自分に才がないからね。
 
間を縫って、つい入ってしまったお店で、シャネルのアンティークボタンを使った指輪を購入。良いことがあった日の記念です!
 
14時 番組の内容について、是枝監督、葛西さんと打ち合わせ。ここでも難題を何とか解決に導いてくれたのは、お二人の知恵の力。サザエは家政婦として陪席しているだけ。
 
15時半 社長秘書室長と打ち合わせ。伊藤忠商事とは、良い意味で人間臭い、人を大切にする、大企業の中でも、とても良い企業だとちょっとだけ自慢です。だって、厳しく温かいということは、仕事や働き方の根底にある、とても大切なことだから。
 
16時半 新しいCFのチェックをチーム全員で検討。
 
17時半 広報部長と来年度の方針について打ち合わせ。
 
男尊女卑の会社と見えているかもしれないけれど、伊藤忠商事には、ちょっとだけ違う風土がある。ただ真剣であることは大事大事。男だから女だからというより、人としての真剣度と正直度は、どんな環境にあっても、私は絶対に譲れないものだと思います。
 
あまりのジェットコースターぶりに、夜は、声が枯れてガラガラになってしまいました。
帰宅して、夫に一部始終を聞いてもらって、さらにガラガラ。このおしゃべり、何とかしないとね。そしてダンナにも感謝です!

すべての記事を見る

ifs未来研究所について

〒107-0061
東京都港区北青山 2-3-1 CIプラザ2F
未来研サロン WORK WORK SHOP

Tel: 03-3497-3000
Fax: 03-3497-4555

お問い合わせはこちら

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com