蓉子の部屋

先週の川島蓉子

160314-2

先週は、サザエさん的バタバタ状態で、文章を書く気持ちのゆとりがありませんでした。ごめんなさい。
 
ざざっと先週のトピックスを。
 
先週末、最新の単行本のゲラが編集者から返ってきて、日曜日から手を入れ始めました。二度も手直しした原稿なのに、改めて見てみると、またまた自分の赤字でいっぱいに。どうしてこう進歩がないのだろうと思いながら、とにかくこつこつ。でもこういうのって、嫌いじゃないんですよね。性分としてこつこつが。
 
火曜日、PRを少しお手伝いしている新潟三越伊勢丹の新しい売り場「NIITAGA 越品」のオープン。テープカットに参加してきました。全館あげて、新潟の産品を展開していくキャンペーンで、特設催事ではなく、年間4回も行っていく継続的なキャンペーン。浅田社長をはじめ、プロジェクトメンバーや、外部デザイナーの石川竜太さんの働きが結集したものです。売り場を巡りながら、ついついお買い物。故郷の新しいプロジェクトに拍手です!
160314-1
 
木曜日、新しい仕事について、伊藤忠商事の社長から直接、指示を受けるために社長室へ。生まれて初めてのプロジェクトなので「経験も実績も実力もないのにいいのでしょうか」と聞いたところ、「これ以上悪くなることはないのだからやってみい」とのこと。
ワクワクしながらお引き受けした。でもその後が心配と不安でいっぱい。いつもの悪い癖です。
 
金曜日、あるプロジェクトとあるプロジェクトで問題勃発。メンバーによる緊急対策会議。仕事とは、問題の連続と、それをどう解決していくかの道程に他ならないのだと思います。最善の結果を出すべく、皆が知恵を絞っていくことこそが大事。本当にメンバーに助けられます。
 
日曜日、グダグダと原稿をやりながら(貧乏性!)、午後はゆったりシチューを煮ながらダンナとダベったり、大好きな映画を見たり、本を読んだり、寒いのでゆったり過ごしました。買い物もダンナと息子に頼んで、家でぬくぬく。
冬から春への変わり目なので、大好きなアクセサリー類の棚卸も。普段使うアクセサリーは、リビングのガラス鉢に入れてあるのですが、冬物と春物が同居している状態です。
 
月曜日、さてこれから一週間が始まります。新しいことに挑む不安や心配は、ほとんどなくなっています。考えてみたら、私ができることは、「今やれることをド真剣にやっていくこと」だけ。1秒先のことだってわからないのだし、もともと瞬発力より持久力タイプなのだから、目の前のことをこつこつ、こつこつ。
 
今日は寒い朝だけれど、気持ちはぽっかぽっかでスタートです。

すべての記事を見る

ifs未来研究所について

〒107-0061
東京都港区北青山 2-3-1 CIプラザ2F
未来研サロン WORK WORK SHOP

Tel: 03-3497-3000
Fax: 03-3497-4555

お問い合わせはこちら

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com