蓉子の部屋

週末の川島蓉子

160516_YAECA

この土日は、本当に気持ちが良い週末でした。

朝は5時前から明るみ、仕事場の窓から眺める空が、漆黒から濃い藍色に、そして抜けるように空色へと移り変わっていく。
つい仕事の手を休めて“あわい”の時間に浸ってしまいます。

ただ、相変わらずの貧乏性で、結局のところ、週末もウィークデイと変わらず。連載原稿や、今、進めている単行本の原稿を書きながら、昼はポツポツ取材やリサーチに。
夕方からは、少し時間をかけて家族の夕ご飯作りをくらいが、ちょっと違うところかも。

そして、今さらながら、ミラノサローネの原稿を書きながら、サローネ取材に思いを馳せました。

この時期、日本企業がサローネに出るって、たくさんの社内稟議を通して、外部のデザイナーと厳しいやりとりをして、幾夜も徹夜に近い作り込みをして。。。

たいへんな労苦を重ねて出展した日本企業の数々――。
できるだけたくさん取り上げたい、少しでもエールを送りたいと思います。

旭硝子AGC、シチズン、1616 / Arita Japan(有田焼)などなど。

とともに、日本人クリエイターが海外企業と組んで発表した数々の素晴らしい仕事も、ジャーナリストの端くれとしては、しゃべって書かなくちゃね。

そして書きながら思ったこと。

やっぱり強い創造がこもったものは、人の心を大きく動かすもの。
だからサローネに行くと、心がむくむく元気になって、楽しい気分になってしまうのだと。

普段の仕事も本当は同じことかもしれません。
自分の仕事に強い創造がこもっているのか、改めて考えてみないと。

今晩は、シャネルのコラス社長とルミネの新井社長との会食だった!
お気に入りを身に着けて行こうと思います。
160516_ナガエプリュス

すべての記事を見る

ifs未来研究所について

〒107-0061
東京都港区北青山 2-3-1 CIプラザ2F
未来研サロン WORK WORK SHOP

Tel: 03-3497-3000
Fax: 03-3497-4555

お問い合わせはこちら

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com