蓉子の部屋

昨日の川島蓉子

160727

蒸し暑い中でも、ここ数日は少しだけ涼やかでほっとする。
こういう日は装いも清々しくしたいもの。
今年お気に入りの刺繍のスカートにブルーのシャツ(襟はシルバー)、パープルのタイツにブルーの靴(冷え性なので)に決める。
 
9時 シャネルのリシャール・コラス社長のインタビュー。知的でユーモアにあふれたコラスさんのお話は、いつうかがっても深さに充ちていて勉強になる。日本のすばらしさについて語る言葉の素晴らしいこと。でも、決して教条主義に陥らずに、ユーモアと毒舌満載で大笑いしながらのインタビュー。本当に有難いこと。
 
11時半 新潮社の足立さんと打ち合わせ。12時過ぎには齋藤峰明さんもご一緒して、この秋に出す本の打ち合わせ。
本題は置いておいて、齋藤さんの話にいつものごとく惹き込まれる。ここでもテーマは日本のモノ作り。世の中、暗いニュースが多いけれど、コラスさんや齋藤さんのような方がいる限り、そして、一昨日、ラジオ出演をお願いした和食給食応援団の西居さんのような若者がいる限り、大丈夫!!!
 
14時 もっと強くすることを課題でいただいている某ブランドの社長と面談。ブランドを愛している熱い気持ちが伝わってきて、浪花節サザエ川島としては、大きく心を動かされる。有難いお仕事です! 難題だけど。。。
 
15時半 東京糸井重里事務所訪問。今、手がけている書籍のためのインタビュー。3時間近くに及ぶインタビューの面白いこと、面白いこと。
物書きをやっていて、つくづく役得だと思うのは、人さまの話をぐんぐん聞けることです。終了後は、話の豊饒さに(自分が狭量なので)すっかり心身がアップアップしていることに気付きました。でもこういう疲れなら、いくらでも大丈夫。
 
19時過ぎ 新しい連載の話を某編集者よりいただきながら打ち合わせ。物書きやっていて、声をかけていただくことは、本当に有難い。ワクワクします。
 
ということで、朝の清々しさはどこへやら、贅沢で過剰な一日でグダグダになって帰宅。
ゆったりダンナと話せるのも有難いことです。
 
午前2時前 起床したらまだ娘が起きていて、映画やファッション話。これって何だろう?

すべての記事を見る

ifs未来研究所について

〒107-0061
東京都港区北青山 2-3-1 CIプラザ2F
未来研サロン WORK WORK SHOP

Tel: 03-3497-3000
Fax: 03-3497-4555

お問い合わせはこちら

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com