未来のおしゃべり会

未来日本茶  廣川玉枝(ファッションデザイナ−)福井武(ビジュアルクリエイター)

eyecatch

「お茶を淹れる・のむ」 という行為の意識を 【自然の風景を切り出して体内に取り込む行為】 に変化させ「一杯の自然の風景を味わう、山の風景をのむ」という新しい価値観を創造。五感で楽しむ日本茶の世界を探求しました。

 

■研究テーマ【未来日本茶】

ifs 未来研究所の年間テーマである 『不便だけれど、 快適なもの』 とは、 より豊かに人の心に響くものごとの事です。 時間をかけて丁寧につく られた日本茶は、 色 ・ 香り ・ 味 ・ 温冷 ・ 種類等、 人の五感を通してたのしめる 『不便だけれど、 快適なもの』 のひとつです。 研究テーマに日本茶を選んだ理由は、 今迄味わった事の無い 「これが本来の日本茶の味なのか」 と、 思えるほどの豊かな日本茶に出会えた 事がきっかけでした。 そして、 私たちが 「今迄飲んでいた日本茶とは?」 という疑問がわき上がりリサーチを開始すると、 多くの日本人に丁寧 につくられた美味しい日本茶が届いていないのだという事実を知りました。 そこで私たちはこの未来研究発表を通して、今迄お茶をあまり飲まな かった人や興味のなかった人にも、 お茶の豊かさや楽しさをデザインの力で伝え共有し、日本茶の世界が広がるきっかけになればと考えました。

 

■展示構成

美しい自然からうまれ、 美味しい一杯のお茶に辿り着くまでには、 沢山の物語が存在します。 今回の展示発表では、丁寧になされるものづくりの背景や、 豊かな日本茶の世界を、 五感に響くアウトプットを通してデザインの視点から捉え ます。 お茶の本質は自然から生まれた葉っぱであることです。 未来日本茶コンセプトは 「お茶を淹れる ・ のむ」 という行為の意識を 【自然の 風景を切り出して体内に取り込む行為】 に変化させ 「一杯の自然の風景を味わう、 山の風景をのむ」 という新しい価値観を創造し、 より心に 響く日本茶の世界を探求します。 そこで、現在の視点からお茶の源を探る 「実験研究パート」、 未来の視点から新たな日本茶のブランディング をファッションデザインの切り口で豊かな日本茶の可能性を引き出す 「開発研究パート」、 2 つの切り口から 【未来日本茶】 を提案します。

隨ャ3蝗樊悴譚・遐斐€€繝・y繧オ繧吶う繝翫・繧ケ繧吶え繧」繝シ繧ッWeb逕ィ1MB菴構_MG_2258aab 隨ャ3蝗樊悴譚・遐斐€€繝・y繧オ繧吶う繝翫・繧ケ繧吶え繧」繝シ繧ッWeb逕ィ1MB菴構_MG_2284aab 隨ャ3蝗樊悴譚・遐斐€€繝・y繧オ繧吶う繝翫・繧ケ繧吶え繧」繝シ繧ッWeb逕ィ1MB菴構_MG_2359aab

 

■会期 : 10月25日 「土」-11月3日 「月」 11:00-19:00
※本企画展は TOKYO DESIGNERS WEEK サテライト会場となります。 ■プレス・関係者プレビュー : 10 月 24 日 「金」 P.M. 予定
■会場: ifs 未来研究所サロン WORK WORK SHOP 港区北青山 2-3-1 シーアイプラザ 2 階 ■URL: ifs未来研究所公式サイトhttp://ifs-miraiken.jp/
■Press: info@dailypress.org(担当:竹形尚子・山本真澄/デイリープレス)
■協賛: マルモ森商店,Chagama,SoupStockTokyo,BOMBAYSAPPIRE,UNICJAPAN

 

■ 実験研究パート

お茶の風景・色彩を考える展示

乾燥させた茶葉は、 水分を含むと甦る。 様々な種類のお茶の葉は、 どのような色彩や風景をみせてくれるだろうか。 山から木、 木から葉。 普段見ない光景と新しい視点。 お茶の源を探る展示です。

image4

 

■ 開発研究パート (A-E)

 お茶の概念を変え、可能性を探る研究

静岡県磐田、 梅が島。 それぞれ美しい風景を持った開拓の余地がある産地です。 丁寧なものづくりを紐解き、 架空のブランドを設定。 未来日本茶ブランドを立ち上げます。 標高高い位置に存在する梅が島は、 【山の風景を感じるお茶】 として不便だけれど、 快適を志す アイコニックなイメージをビジュアル化します。

A. 未来日本茶エスプレッソB. 未来日本茶スープ、 C. 未来日本茶カクテル (10+1 ボタニカルカクテル)D. 未来日本茶パッケージ、E. 未来日本茶香りのビジュアライズ

 

 

soma

 

■Profile

廣川 玉枝(ひろかわ・たまえ)
SOMA DESIGN クリエイティブ・ディレクター / ファッションデザイナー
2006 年「SOMA DESIGN」として活動開始。同時にデザインプロジェクト [SOMARTA] を立ち上げる。 同年「身体における衣服の可能性」をコンセプトにボディウエア“Skin Series”を発表。
第 25 回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。
Canon[NEOREAL] 展(ミラノ・2008)、Mercedes- Benz [SOMARTA x smart fortwo“Thunderbird”](東京・2012)にて インスタレーション作品発表。資生堂総合美容施設「SHISEIDO THE GINZA」(2012)、「CLÉ DE PEAU BEAUTÉ」(2013)の制服を手掛ける。

福井 武(ふくい・たけし)
SOMA DESIGN ビジュアルクリエイター
2006 年ファッション、プロダクト、サウンド、映像など様々なヴィジュアルディレクションとデザイン活動を開始。 ブランド [SOMARTA] のショープ ロダクションからアートディレクションを手懸ける。
Canon[NEOREAL] 展、TOYOTA [iQ×SOMARTA MICROCOSMOS] 展空間構成(2008)。
ユニクロ [UT×SOMA DESIGN]、Onitsuka Tiger CELEBRATING 60YEARS「ZODIAC」のキャンペーン及び プロダクトアートワーク(2009)。漆器ブランド BITOWA から [BITOWA DÉCOR] 、[BITOWA modern] ライン(2010)、 高岡銅器の新ブランド KANAYA から「トレイシリーズ」プロダクト(2012)。 レッグウエアメーカー福助から「femozióne designed by SOMA DESIGN」(2012)発表。

 

■協賛企業

マルモ森商店 Marumo Mori Co., Ltd.
http://www.ochanet.com/
1877 年 ( 明治 10 年 )、日本一の茶産地茶・静岡にて茶再生業を創業。平成 8 年には農林水産大臣賞を受賞。 全国茶審査技術競技大会において 2 度の全国優勝を誇る茶師や、高段位の茶師の鑑定眼により常に「本物の味」を追求しております。 近年は日本国内にとどまらず、海外への日本茶の普及に努めております。

 

chagama by マルモ森商店
Tea for You お茶を楽しく伝えたい。10 代、20 代の若い世代の「お茶の入り口」になりたい。
10 年後、20 年後、100 年後まで、お茶の良さを新しい形で伝えていきたい。 未来を見据えて老舗製茶問屋マルモ森商店が、お茶の伝統と文化はもちろん、新しい飲み方や楽しみ方をご提案しています。

 

Soup Stock Tokyo スープストックトーキョー http://www.soup-stock-tokyo.com/

Soup Stock Tokyo は 1999 年のスタート以来、首都圏を中心に全国に 56 店舗うを展開する「食べるスープ」の専門店です。 時間をかけてじっくりと引き出されただしに、旬を感じる素材や新鮮なトッピングが相性良く組み合わされ、 メインディッシュとして食べられるスープが特徴。 素材が持つ自然な味と風味を大切に、余計なものを使用せず、ひとつひとつのスープを丁寧に作り続けています。

 

BOMBAY SAPPHIRE ボンベイ・サファイア http://www.bacardijapan.jp/

1761 年に開発されたオリジナルレシピをもとに製造されるプレミアム ロンドン ドライジン「ボンベイ・サファイア」。 世界中から厳選された 10 種類のボタニカルに、蒸気となったスピリッツをゆっくりと通過させることで、 香り高い部分だけを抽出する独自の「ヴェイパー・インフュージョン製法」を用いることで、深く華やかな味わいが生み出されます。

 

UNIC JAPAN

1919 年イタリアの トリノにてエンジニアのレヴィ氏が創設した UNIC 社は、営業用 エスプレッソマシンの世界市場で その知名度を高めてきました。レヴィ氏から 3 世代に渡って、業界に貢献し、現在は有名なフレンチ・リヴィエラ(南仏ニース近郊)に 本拠地を構えています。様々な特許技術に支えられたその品質から、これまで数々の賞を受賞し、信頼のブランドとして 高い評価を得ています。UNIC 社の製品シリーズは、コ ーヒー文化を持つ諸外国のマーケットニーズに幅広く対応しており、

世界 5 大陸 65 カ国で愛用されています。

すべての記事を見る

ifs未来研究所について

〒107-0061
東京都港区北青山 2-3-1 CIプラザ2F
未来研サロン WORK WORK SHOP

Tel: 03-3497-3000
Fax: 03-3497-4555

お問い合わせはこちら

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com