先週の川島蓉子

相変わらず年末に向かって、イチかバチかという状況が続いています。 どうして私の仕事はすべてこうなっていくのかというと、かなり不器用でド真剣で、そして脳味噌が足りないから。 脳味噌がない

先週木曜日の川島蓉子

先週木曜日、ビームスの新社屋オープンに行ってきました。原宿の竹下通りと明治通りのぶつかる角のまっさらなビル。 随所に「働きやすい」工夫が施されていて、ビームスらしい実験が盛り込まれている

一昨日と昨日の川島蓉子

おとといは、青山にできた「TORAYA CAFÉ・AN STAND」の取材で、ランドスケーププロダクツの中原慎一郎さんの話を聞きました。 どういう仕事をすることにしているのか――社名の通り、

金曜日の川島蓉子

先週の金曜日は、濃い一日になりました。 10時 ラジオの収録。今回は、資生堂のアートディレクターであり、アーティストの成田久さん、愛称キューちゃんです。 ユーモラスでキュートな、キュー

昨日の川島蓉子

ここ2年ほどかけて作っているのは、糸井重里さんの本です。 もともとは、ある編集者からのアドバイスで始めたのですが、まさかできるとも思っていなかったし、とりかかってみて「とんでもないことを

昨日の川島蓉子

サロンという場がなくなっても、もちろん未来研の活動は続きます。 今、とりかかっているひとつは、みらいファッションラボの延長で、実際に何かモノ作りをしてみようということ。 ミュベール

昨日の川島蓉子

未来研サロンの今後がどうなるか、以前のお便りでお話しました。 私にとって法外な大金を調達しないと、オリンピックに向けた存続が難しいのです。 これは川島サザエ蓉子にとっては、結構、人生の

昨日の川島蓉子

昼前に、お仕事を手伝っているコクヨの展示会に。 「ing(イング)」という新しい椅子が、とっても面白いんです。身体の動きに合わせて、座面が動いてくれる。リラックスした心地良さは、創造力の羽根

物書きの端くれがやめられない!

にわとりみたいに、午前3時に起き出して、とにかく原稿を書く――こんな生活を30年近く続けてきたのは、やっぱり好きだからだと思います。 自分でもバカだと思いますが、どんなに売れなくても、ど

いろいろありましたが、決心

またまたご無沙汰です。 実は未来研サロンは、12月いっぱいで一旦、閉めることになりました。 再び登場するのは、来年の7月です。 ただ、これをやるかどうかに数カ月、悩みました。

原稿の“おとも”

夜9時に寝て朝3時に起き出すという暮らしを、30年弱にわたって続けてきました。 リビングの隣りにささやかな仕事部屋があって、朝の仕事はすべてそこで。 窓外は、最初は真っ暗。少しずつ

チャーミングなことに心踊ります!

またまたご無沙汰しています。 意外と不精なので、他のことが立て込むと、いろいろなことが置き去りに。 良くない性癖です。 川島サザエ蓉子の人生は、多くの方々との出会いが何よりの財産

すべての記事を見る

ifs未来研究所について

〒107-0061
東京都港区北青山 2-3-1 CIプラザ2F
未来研サロン WORK WORK SHOP

Tel: 03-3497-3000
Fax: 03-3497-4555

お問い合わせはこちら

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com