365 が復活します!

※ミュートを解除いただくと音楽付きでご覧いただけます。

⽇本⼈の暮らしに寄りそう⽇⽤品を、たくさんの⼈に使って欲しい。
たくさんの価値があることを多くの⼈に知ってほしい。
作り⼿の想いが伝わることによって、モノが買われて、
使われていく– 作り⼿と使い⼿の間に輪=サイクルが⽣まれてくる。
そんな意図から⽣まれたのが「365」プロジェクト。
2011 年に、「365 ⽇―Charming Everyday Things」と題し、
パリ、⻘森、東京、⾦沢にて巡回するイベントを開催しました。

そして今年、1⽉に開催するパリ「メゾン・エ・オブジェ」と、
「ifs未来研究所」において、「365 ― a day in japan」として復活します。

メゾン・エ・オブジェでの様子 photo Ikuo Yamashita

「 365 日ー a day in Japan 」
凱旋展示会を
ifs 未来研究所にて開催!

作り手と使い手の間に輪=サイクルを目指してー

「365日 ーa day in japan」の出展ブランドである作り手と、バイヤーや使い手など様々なゲストが語り合い、刺激し合うことで今後の日本のものづくりの活性化を目指す凱旋展示会を2/5-7の3日間にて開催します。

イベント初日である2/5(水)17:30-20:00(予定)には、前 MERCI ブランド・ディレクターであり本プロジェクトのアドバイザーでもあるジャン・リュック・コロナ氏、今回の出展ブランド「D-BROS」のプロダクトデザインも手がけている、デザインユニットKIGI(キギ)の植原亮輔氏と渡邉良重氏、「東屋」代表・熊田剛祐氏をゲストに迎え、ifs未来研究所所長 川島蓉子とのトークセッションを行います。

トークイベント後は、軽⾷とお飲みものを⽤意しております。是⾮お誘い合わせの上ご参加下さい。
(新潟の酒蔵「今代司酒造」にご協⼒頂き、⽇本酒のご⽤意もございます)

開催概要

開催日時2020年2月5日(水)・6日(木)・7日(金)
10:00~18:00(ただし、最終日は 17:00 まで)
トークイベント2020年2月5日(水) 17:30-20:00(予定)
トークゲスト前 MERCI ブランド・ディレクター ジャン・リュック・コロナ氏
KIGI(キギ)植原 亮輔氏、渡邉 良重氏
株式会社 東屋 熊田 剛祐氏
開催場所ifs 未来研究所
東京都港区北青山 2-3-1 ItochuGarden 2階

「365 日ー a day in Japan」メインセレクター
安藤桃代 氏 コメント

「365 日毎日使う日用品」というキーワードで、先ずは日本人に欠かせないお米を中心に、そしてそのお米をいかに美味しく食す為の副菜や、主菜の為の食器や日用品をセレクトしました。日本の知恵や技術、思いが込められた品々。そして受け継がれきた雑貨がさらに進化し、デザイン性や機能性のある 雑貨を選びました。今回の 365 は、日本の大切にしている品々を海外に伝える難しさ、大切さ、ワクワク感・・・。素敵なプロジェクトと思っています。まだまだ紹介したい物は沢さんあり、今後も繋がっていく事を願っています。

ifs 未来研究所 所長 川島蓉子からのメッセージ

ifs 未来研究所 所長 川島蓉子からのメッセージ

このプロジェクトを立ち上げたのは 2011 年のこと。日本人はもともと、日々の暮らしを重ねていくことを大切にしてきたし、それは良いものを長きにわたって使うことで成り立ってきた―
そんな想いもと、始めたプロジェクトだったのです。その基 軸を活かしながら、新しい時代に向けて少しだけお化粧直ししたのが「365 日-a day in Japan」。
今回は、ものと暮らしのかかわりを、少しおもしろく「見せる」工夫を凝らしていますので、是非、お越しください。